自分の好きなものを | 今はスマホで簡単に色々なものが見られる時代!エロもそうですよね! menu

自分の好きなものを

白いニットを着ている女性

音楽の話になりますが、音楽というのは人によって好きなジャンルが変わるものです。
ポップが好きな人もいればロックやジャズといったもの、かなりニッチな人になればオルタナやメタル、ゴアグラなどのディープなものを好む人もいるとは思います。

音楽の好き嫌いというのはあるものです。自分の趣味に関わる話ですからね。
実際に自分の好きなジャンルであれば初めて聞く曲であっても好きになることはありますし、逆にそこまで好きではないジャンルならば何度聞いても自分から聞きたいと感じることはないでしょう。
そういった「好きなジャンル」に感じる満足感というのは音楽だけでなく、他のものでも同じです。
漫画やゲーム、アニメなどの創作物においても同じようにジャンルによる好き嫌いが出るものです。
またエロという分野においては特に顕著に現れるものです。
自分の中の好き嫌いとも呼べるものをいかに理解するかが大切になってきます。
さらに、好きなジャンルというのは新しくつくることができます。
もちろん感性の問題ですので断言はできませんが、それでも好きなジャンルが増えないという人の方が少ないでしょう。

そのジャンルというはいかにニッチであっても構いません。
ネット上に存在するコンテンツのジャンルならば問題ないのです。
「こんなジャンル思いつくのは自分くらいだろう」と感じるほどのものもあるかもしれませんが、心配無用です。
世の中にはあなたよりも変態な人というのはたくさんいます。
変態と天才は紙一重というように、「天才的な発想から生まれた変態的なジャンル」というのはとても多いです。
自分の中でより多くの快感を発生させるにはそういった自分の好きなジャンルの存在が必要不可欠です。

音楽も好きなジャンルでなければノれないように、エロにおいても好きなジャンルでなければヌけないこともあるのです。
自分の趣味を最大限に活かしてエロを楽しみましょう。